title-cube-color
GSIクレオスの「水性カラーアクリジョン」について、これまでの検証でわかったこと。 ①水性カラーアクリジョンは他の塗料と混ざることなく上から重ねて塗ることが出来る その中でも「Mr.COLOR」、「ガイアカラー」、「タミヤ ラッカー塗料」などのラッカー系や、「水性カラーアクリジョン」、「シタデルカラー」、「ファレホ」などのエマルジョン系に対する食いつきが比較的良かったです。
関連アイテム /
②除光液やガソリン車用水抜き剤、メガネクリーナーなどで落とすことが出来る。 マジックリンに浸け置いてもやや落とすことはできました。
③PVC(塩ビ)の着色には向かない 水性アクリル塗料ほどではないものの、塩ビ素材への食い付きはあまり良くない。
つづいて、GSIクレオスの「アクリジョン ベースカラー」について、これまでの検証でわかったこと。 ①アクリル系、エナメル系、水性アクリル系、エマルジョン系、アルコール系を問わず下地塗料として使用できる メジャーな模型塗料全般に対応できました。仕上げに「Mr.スーパークリア」などのトップコートを吹けば剥がれる心配もありません。
②水性アクリル系、エマルジョン系塗料と混ぜて使用することが出来る 「アクリジョンベースカラー」同士はもちろん、「水性カラーアクリジョン」、「シタデルカラー」、「ファレホ」、「ターナーアクリルガッシュ」などのエマルジョン系塗料、「タミヤカラー」、「水性ホビーカラー」などの水性アクリル系塗料と混ぜても使用することが出来ました。
③水性アクリル、ファレホへの上塗りには適さない 「タミヤカラー」、「水性ホビーカラー」、「ファレホ」の上から塗ったところ、下地が溶けてしまいました。アクリジョンベースカラーに含まれる溶剤は一部の水性塗料を溶かしてしまうようです。 ただし、「シタデルカラー」や「水性カラーアクリジョン」、「アクリジョン ベースカラー」では問題ありませんでした。
④除光液やガソリン車用水抜き剤、メガネクリーナーなどで落とすことが出来る。 除光液の他、ガソリン車用水抜き剤、メガネクリーナーなどIPA(イソプロピルアルコール)を主成分とする溶液で落とすことが出来ます。

コメント

日誌をもっと見る
タイトルとURLをコピーしました
Now loding

このページのQRコード

QR Code

このページをシェア